パニック障害と薬:2「製薬会社はどうやって日本にうつ病を輸出したかー僕らはまな板の上の鯉ですか?ー」

公開日: : 最終更新日:2014/09/30 パニック障害とは , ,

投資&お金の総合サイト「ZAI ONLINE」の7月2日の記事に「製薬会社が「病」をつくり出し治療薬を売りさばく」という記事が掲載されていました。

下のURLをクリックすると記事のページへと行けます。

http://diamond.jp/articles/-/54620

掲載されているサイトが絶妙で、確かにお金の匂いがぷんぷんする案件だと一人納得しました。

執筆は橘 玲(たちばな あきら)さんという作家さんです。

製薬会社はどうやって日本にうつ病を輸出したか

記事の内容は、最近では知ってる人が多いのかも知れませんが、「製薬会社はどうやって日本にうつ病を輸出したか」というものです。

「どういうこと?」と思った人はぜひこの記事と、引用元の記事を熟読してください。

それだけで、パニック障害に対する見方が変わります。

ちなみに、この記事は「クレイジー・ライク・アメリカ」という本に沿って書かれています。

51rTEr0yYGL._SL500_AA300_

ではここから、記事の引用と僕の見解を交えながらお話します。

日本ではそれまで、軽いうつは重度の躁うつ病とは区別され、「メランコリー」と呼ばれていた。これは1960年代初頭にドイツの臨床精神病理学者テレンバッハが提唱した「メランコリー親和型性格」に由来し、アメリカではまったく相手にされなかったものの日本では広く受け入れられた。メランコリーが、真面目・勤勉で思慮深く、他人や社会全体の幸福に強い関心を示し、秩序を求め、「並はずれて高い目標を自分に課す」人格特性とされたためだ。日本では軽うつ(メランコリー)は病気ではく、望ましい性格と見なされたのだ。

ということで、過去の日本では今は「病気」とされるものが「望ましい性格」だったんですね。

それが、

大手製薬会社は常に新製品を市場に投入していかないと利益を維持できない

という理由のために1990年代後半に日本にアメリカの製薬会社から「うつ病」が輸入されます。

僕は見たことなかったんですが、こんなCMが流れていたみたいですね。

そして、「うつは心の風邪です」と「早期受診」という薬を売るための宣伝文句が盛んに喧伝されるようになったのもこの頃です。

で、

製薬会社はまず「こころの病」をつくりだし、それから病気を治療する薬を大々的に販売するのだ。

こうして日本人も、アメリカ人と同じようにこころを病まなければならなくなった。

という状況が残念ながら日本に作り出されてしまったわけです。

なんかイメージがわかないなという人はタバコ産業を思い浮かべてもらうといいかも知れません。

昔は「カッコイイ」とまでもてはやされたものを作っていた産業が、今では社会のお荷物です。

タバコ産業も僕らの無知ゆえに成り立っていたところが大きいのですが、製薬業界のあり方もそれと酷似しています。

ですから、僕らが製薬業界の商品に対して正しい知識を持った時に、製薬業界もタバコ産業のようになるのかも知れません。

さらに製薬企業というものの理解を深めるために言うと、製薬企業などの巨大多国籍企業(メジャー)は企業の枠を超えた力を持っています。

世界に及ぼす影響力という観点から見れば、そこら辺の小国よりははるかに大きな存在でしょう。

悲しいかな、僕らを操ることなんて朝飯前でしょうね。

ということで、僕らはこういった状況下に生きています。

こういった状況を知ってるか知らないかで人生の質(QOL)が変わっちゃいますので、常にチェックしておきましょう。

追伸

セロトニンのことについても書いてあったので、やはり紹介しておきます。

うつ病がセロトニン不足によるものだという学説は、自殺者の脳やうつ病患者の髄液中にセロトニンレベルの低下が見られた、という1950年代の発見に依拠している。ところがその後、より感度の高い装置と測定法を使った追試では逆の結果が示され、1970年頃には発見者自身がセロトニンの減少とうつ病に関連性はないと認めてしまった。いまではアメリカ精神医学協会が出版した『臨床精神医学』にも、セロトニン仮説は裏づけられていないと記されている。

SSRIが脳内の自然なバランスを回復させるというのも根拠のない理論だ。実際には、SSRIは脳内の化学物質のバランスをむしろ広く変化させてしまう。

ads

下のボタンを押してシェアお願いします(。・ω・。)

関連記事

icon

パニック障害に効く食べ物ってあるの?

食べ物は大事 今回は「パニック障害と食べ物」についてお話します。 まず、パニック障害を改善す

記事を読む

715ec748444ebdd3f920390dda69fba8_400x400

パニック障害と克服「僕が薬をやめるために意識した”たった一つのこと”」

薬をやめるために意識した”たった一つのこと” 僕はパニック障害になって薬を飲んでいたのですが、ある

記事を読む

dobin

パニック障害と漢方「漢方は良さそうだけど・・・」

パニック障害を患っていて向精神薬を飲みたくない人、自然主義な人は一度は「漢方」で治してみたいと思った

記事を読む

mukokyuuuuuuuu

パニック障害と対処法「発作になりそうな時に効く”15の対処法”」

この記事ではパニック発作になりそう、なってしまった時の対処法をご紹介します。 対処法ということ

記事を読む

book04

パニック障害を”本気(マジ)”で治したい人におすすめの本8冊

パニック障害を治すために読むべき本とは パニック障害を治すために読んだほうがいいなと思う本を僕の本

記事を読む

o0450035010345411112

パニック障害と過呼吸の知られざる関係とは?

パニック障害と過呼吸(過換気症候群)の関係 「パニック障害」というキーワードと一緒に検索される言葉

記事を読む

index

パニック障害と薬「どの薬が効くの? の前に知っておきたいこと・・」

まず薬の基本をちょっとだけ パニック障害と薬についてお話する前に「薬自体」について、ちょっとだけ話

記事を読む

index

パニック障害の症状はすべて過呼吸から?

パニック障害の症状は過呼吸から発生する 「パニック障害の諸症状は、パニックになり過呼吸になることに

記事を読む

pic_03

パニック障害と原因「脳の誤作動やセロトニン不足がパニック障害の原因?」

脳の誤作動説?セロトニン不足説? パニック障害の原因は脳の誤作動とか脳内化学物質の異常と言われ

記事を読む

panic

パニック障害と仕事「辞めるべき?できる仕事は?理想の仕事って?」

パニック障害になってしまうと問題になることのひとつに仕事があります。 「ただでさえ大変な仕事な

記事を読む

ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

715ec748444ebdd3f920390dda69fba8_400x400
”パニック障害の「あなた」を話してスッキリ!”という企画を始めました。

どうも、木村です。 どうもと言われてもこのサイトで名乗るのは始め

icon
パニック障害に効く食べ物ってあるの?

食べ物は大事 今回は「パニック障害と食べ物」についてお話します。

ninnniku
パニック障害に効くと噂の「にんにく玉」を”お試し”してみました

パニック障害とにんにく玉 最近「パニック障害」で検索すると複合キーワ

dobin
店主がパニック障害経験者。「やいづ神仙堂」

「やいづ神仙堂」とは 今回は、心の病の症状改善に取り組んでいる「やい

1419552732203
パニック障害がメインのNHKドラマ「途中下車」

ドラマ「途中下車」とは 2014年12月25日の夜10時からNHKで

→もっと見る

PAGE TOP ↑