パニック障害と大場久美子「百恵⇒久美子⇒聖子。元国民的アイドルは今は心理カウンセラー」

大場久美子とは

最近では「奇跡の54歳」という触れ込みのもと35年ぶりのグラビアを披露したことで話題ですが、昔は「1億人の妹」というキャッチフレーズのもと「コメットさん(横山光輝により「週刊マーガレット」に連載されていたものを映像化)」という魔法使いで一躍有名になったトップアイドルでした。

山口百恵や松田聖子に比べると知名度は劣るかな~なんて感じがしますが、当時のプロマイドの売れ方を見ても間違いなくその時代のトップアイドルであったことがわかります。

↓↓↓ブロマイド・プロマイドのウィキペディアのページです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%89

しかも、大場久美子は女優志望だったのでアイドルを2年でやめてますから、アイドルをやってる間はトップだったということでしょうか。

確かに当時の動画を見てみると、その可愛らしさと存在感は抜群で、「本物のアイドルは大場久美子しかいない」と言ってしまうファンの言葉もわかる気がします。

パニック障害の発症

そんな大場久美子がパニック障害を発症するのは1999年(39歳)のことです。

彼女の憧れの人でもあった最愛の母の葬儀の翌日に、自宅のソファーで発作が起こります。

その後、風呂場、レストラン、電車、タクシーなどがダメになっていき、舞台の本番中に息ができなくなったこともあります。

病院にも何軒も行きますが、なかなか自分に合った医者に巡り会えず、自分がパニック障害であると知るのは最初の発作から4年後の2003年になります。

パニック障害の克服

自分がパニック障害であるとわかった彼女は「病気に対する覚悟」が決まり、普段の生活の中で自分の出来ることで対処していきます(薬が体質的に無理なため)。

いろんなグッズを持ち歩いたり、飛行機は一番後ろの席に座ったり、決めた道を通ったり、真美体操をしたりします。

そうして、細かい努力を重ねた結果、2006年頃にはかなり体調も良くなり元気になります。

テレビの収録とは言え、フルマラソンを完走できたほどです。

パニック障害の再発

しかし、同じ2006年の11月にパニック障害を再発してしまいます。

そして、2007年は相当落ち込んだみたいです。

ここに書くには少し内容がハードなので、気になる方は彼女が書いた本を買って読んでみてください。

まとめ

大場久美子は子供の頃からいろんなことに敏感だったようです。

例えば匂いの話で言えば、「日曜日の匂い」や「友達の家の階段の匂い」を嗅ぎ分けていました。

食も細く、特にパニック障害になってからは「ひと口」食べるのもやっとという状態だったようです。

飴を砕いて食べていたなんて話は、ちょっと想像するのが難しいほどです。

あまりにも過敏だとパニック障害になりやすいですし、なってしまったら症状は重くなりがちです。

ただ、そんな普通の人にはない繊細さが彼女を二人といないアイドルにしたというのも、紛れもない事実ですから難しいところですね。

心理カウンセラー

大場久美子は自身の経験を生かそうと、認知行動療法を学び心理カウンセラーの資格を取得して活動しています。

「大場久美子の心のエステ カウンセリングルーム 『ココとわん太』

http://ameblo.jp/sinrispase/

文字にピンクな装飾がいっぱいしてあるホームページですが、本人が電話カウンセリングをしてくれるようなので、「コメットさん」世代の方には魅力的な提案かも知れませんね。

しかし・・

ここまでですと、辛いながらも「いつまでも大場久美子はアイドルなんだね」という綺麗なお話になるのですが、本を出版した2009年以降は少し話が変わってきます。

どういうことかといえば、本の中であれだけご飯が食べられないと言っていたのに、今年初めのテレビ番組で「朝ホットヨーグルトダイエット」に挑戦するほどにプヨっていたのです・・・

食っとるやないか~い!

さらに、痩せたのが嬉しかったのか「キングオブコント」にビキニで参加し、その後グラビア活動を活発化させているのはみなさんご存知かと思います。

2011年に今の旦那さんと結婚して幸せなのかもしれませんが、なにか2009年までの大場久美子とは違うものを感じます。

儚いアイドルがいいのか、元気なお○ちゃんがいいのか、悩ましいところですね。

<参照>

大場久美子(2009)『やっと。やっと! パニック障害から ぬけ出せそう…』主婦と生活社

ads

下のボタンを押してシェアお願いします(。・ω・。)

関連記事

IKKO

パニック障害とIKKO「パニック障害をもパワーに変える”どんだけモンスター”」

IKKOとは IKKOは日本の「ナオミ・キャンベル」と評されることもあるヘアメイクアーティスト・美

記事を読む

akiyama

パニック障害と秋山準「パニック障害でもプロレス王者になれる!」

秋山準とは? 秋山準(1969年生まれ)は全日本プロレスに所属するプロレスラーで、現在(2014/

記事を読む

ep1091

パニック障害と比企理恵「神社ヒーリングで克服した女版稲川淳二(元アイドル)」

比企理恵とは この物語は11月6日放送の「アウト×デラックス」に「稲川淳二みたいになっちゃった女優

記事を読む

fujisinsss

パニック障害と藤田伸二「発作で新幹線と飛行機を止めたことがある”競馬界の暴れん坊”」

藤田伸二とは 競馬界で最もクリーンな騎手 藤田伸二は「馬小屋で生を受けた」生粋の騎手であるという

記事を読む

img_0

パニック障害と小谷野栄一「パニック障害で吐きながらでもプロ野球選手はできる!」

北の打点王「小谷野栄一」 小谷野栄一とは北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手で、タレン

記事を読む

2012-12-02-3

パニック障害と高木美保「農業(自然)を味方につけたパニック障害勝ち組」

高木美保とは 最近では「トイレはリビング」という謎の発言で、注目を集めているヒステリック農業こと高

記事を読む

t61

パニック障害と長嶋一茂「一茂がたどり着いた克服法は【孤独と飢えを味方にする】だった」

長嶋一茂とは 長嶋一茂は、言わずと知れたミスタープロ野球長嶋茂雄の息子で、元プロ野球選手です。

記事を読む

simadasinsuke

パニック障害の芸能人(その他)

このページでは「パニック障害を公表しているけど、それほど情報がない芸能人」と「パニック障害と噂されて

記事を読む

imgd30a7dd0zikdzj

パニック障害と安西ひろこ「解決!ナイナイアンサーで復帰宣言だけど心配」

安西ひろことは 安西ひろこは和製ブリジッド・バルドー(フランスのマリリン・モンロー)が目標の、19

記事を読む

tachih07JPG

パニック障害と立原啓裕「仕事で鍛えた腕であっという間に名医を見つけた名探偵(超速の2ヶ月半で克服)」

立原啓裕とは 立原啓裕は「元劇団四季」で、「レギュラー番組16本の日本記録保持者」で、「大阪芸術大

記事を読む

ads

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

715ec748444ebdd3f920390dda69fba8_400x400
”パニック障害の「あなた」を話してスッキリ!”という企画を始めました。

どうも、木村です。 どうもと言われてもこのサイトで名乗るのは始め

icon
パニック障害に効く食べ物ってあるの?

食べ物は大事 今回は「パニック障害と食べ物」についてお話します。

ninnniku
パニック障害に効くと噂の「にんにく玉」を”お試し”してみました

パニック障害とにんにく玉 最近「パニック障害」で検索すると複合キーワ

dobin
店主がパニック障害経験者。「やいづ神仙堂」

「やいづ神仙堂」とは 今回は、心の病の症状改善に取り組んでいる「やい

1419552732203
パニック障害がメインのNHKドラマ「途中下車」

ドラマ「途中下車」とは 2014年12月25日の夜10時からNHKで

→もっと見る

PAGE TOP ↑